大阪 新町 HAYASHI SHOTEN

TOOLS FOR DAIRY LIFE

カテゴリ:WRITING(16)

1  2   3   4    

「出会う感覚」

「どうやって探してくるんですか?」と聞かれて、




その度に「探すというより出会う感覚なんですよ〜」




というような話をすると、




中にはポカンとした表情をされる時もある。(汗)




しかし、本当に探すというより出会う感覚なのだ。




旅に出たり、作り手に会いに行く日を決めて、




「よし今回はたくさん探しに行くぞ」




なんてことを妻と話した記憶がない。




まず会う人や、行く場所を決める。




誰と会いたいか、どこに行きたいか。




そこから先は自然な流れに任せている。




だからモノとはその時の瞬間瞬間で出会っている。




一期一会。




HSに来たら出会う(出合う)感覚で楽しんでください。




店に来て、今、目の前にあるモノたちと出会っている。




偶然のような必然のような。




目が合い、いいな〜と心から感じたのならぜひ選んでください。




良き出会いの連鎖のはじまりです◎

IMG_3hs362.jpg


















2020.02.16 |,,

「自分で自分を決めつけない」

いつからだったか。




自分のやり方はこうだ。とか。




自分はこうあらなければいけない。とか。




そういう表面的なことを気にすることをやめた。




自分で自分を決めつけないことにした。




まだ自分もみたことのない自分に出会うために。




.
..
...




そんな気持ちになったからか、挑戦できる喜びや感動が勝り、失敗を恐れなくなった。




自分の中から「失敗という概念」がなくなった。




これが素直な感覚だ。



.
..
...




HSは今、新たに小さなお店を作っている。




小さな挑戦をすることを決めたのだ。




きっかけは自分と同じ年齢の小屋に出会ったこと。




古びたその小屋は「建物に価値はない」と言われた。




しかし、




自分には魅力的な小屋にうまれかわる景色がみえた。




瞬間的にみえた。




同時に挑戦しないことに後悔する気がした。

IMG_tang0856.jpg

そう思ったらノートにメモをしてやることを決めていた。(汗)




心に問いかけると決断は早い。




地元の工務店さんにお願いするところと、自分たちでやるところ。




デザインは全て自分たちが決める。




古びた小屋のリノベーションがスタートした。




.
..
...




新たな小さなお店は、自分たちの別荘兼お店だ。




暮らしをみせるお店。




暮らすようなお店。




モノだけでなく、自分たちが良いと感じる景色全てを提案したい。

IMG_tang0582.jpg

名前は「GIFT by HS」




場所は京都の丹後だ。




大阪と奈良でも大切なお店を営んでいるため、




月に数回しか開けることはできないお店になる。




そんなわがままなやり方になるのだが、現在準備を進めている。




挑戦できる喜びを感じ、楽しんでいる。




まさに、まだみたことのない自分たちに出会うために。

IMG_tang7928.jpg
















2019.11.15 |,,,

「茶の湯と民藝」

IMG_cm3895.jpg

茶の湯と民藝は共存できると信じている。




どちらも世界に誇れる日本の精神と暮らしの延長線上にあるのだから。




もしできないのであれば、それはヒトの仕業である。




美しいモノやコトには何も関係はない。




そう自分は信じている。















2019.04.12 |,,

「本当の豊かさ」

本当の豊かさとは目の前にある小さな幸せに気づくこと。




小さな幸せとは、




誰かから与えられるものではなく、




自らのなかにあり、




自らつくれることであり、




全てはもう目の前にある。




あとは自ら行動するだけなのだ。




.
..
...




昨晩、ふとそう思った。




記録としてここに記しておく。

IMG_z3630.jpg

器 / キムホノ















2019.03.31 |,

「茶の湯は球体」

茶の湯は球体だ。





地球と同じように宇宙に浮かぶ一つの球体だ。





地球が綺麗な青なら、茶の湯は美しい緑の球体だ。





自らもグルグルとまわるエネルギーを持つ。





それぞれが見ている茶の湯は一つの球体だ。





見ている場所で見える景色は変わるけど、全て同じ茶の湯の姿。





茶の湯の住人になり自ら歩けば、いろいろな景色を見ることができる。





濃く深い清らかな森と出会う。





薄くどこまでも広がる草原のような気持ちいい場所にも。





そして、茶の湯という球体には地球と同じく季節がある。





土があり、水があり、花がある。





茶の湯は宇宙に浮かぶ一つの球体だ。





美しい球体なんだ。

















2018.12.24 |,

HS
<   February 2020
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

category

archive

HSのつぶやき

Twitter

HSのfacebook

Facebook

電話・メールにてお問い合わせ下さい。

pagetop

copyright ©hayashi shoten. All rights reserved.